| 畳のやさしさ | 畳の豆知識畳の製造工程畳のお掃除方法・お手入れ・お取扱い畳 Q&A

畳のやさしさ〜人と畳の素敵な関係

畳ってこんなに優しい!

日本の伝統文化である畳の部屋。これだけ長い間、日本人に愛され、生活に欠かせないものになったのは理由があります。それは、日本人が昔から知っていた、畳のやさしい働きのためです。畳と人との素敵な関係。 日本人はそんな関係の中、暮らしにやさしさを見つけてきたのです。「畳の部屋」それは日本人にとって「ふるさと」のようなものなのです。ここでは、畳のやさしさを、みなさまにご紹介いたします。

触る

畳が快適な理由のひとつとして、ソフトな弾力性と優れた「吸放湿性」があげられます。人が畳の部屋に寝た場合、一晩でかいた汗の3分の1は、畳が吸収してくれるといわれています。しかも、吸収するだけでなく、室内が乾燥すると、畳は室内を快適な条件に整えるために適度の水分を放出するという機能もあるのです。 畳の部屋が心地良いのは、畳のこんなに「やさしい」働きのためなんです。

視る

畳の部屋に居るとなぜだか落ち着く。日本人なら、常日頃感じていることです。これは、 人間の目に映る色彩の落ち着き感とともに、皮膚が感じる『 光 』と関係しています。人間の皮膚は呼吸していると同時に、光も吸収しています。そして人間は、 自分の皮膚の色に近い反射率の色を感じると、安心できるという本能があります。畳の部屋の反射率は、日本人の皮膚の反射率とほぼ同じ。だからこそ、日本人にとって畳の部屋は安らぎを覚える空間なのです。

聴く

畳の部屋に入ると、衣ずれの音になんとも言えない静寂さを感じます。 これは、畳が持っている、吸音性と関係しています。部屋の中の余分な音を、畳はやさしく吸い込んでくれるのです。フローリングの部屋だと下の階に響くような音も、 和室だと気にならないというのは、畳が音を遮ってくれるからです。そして、この遮音効果が私たちに心の安らぎをもたらしてくれるのです。。

香る

畳の部屋でリラックスできるのは、 畳のかもしだす独特の匂いと関係しています。畳の香りとは、主にイグサの香りです。このイグサの香りには鎮静効果があり、まるで部屋の中で森林浴をしているのと同じような効果をもたらしてくれます。この心地良い香りで、 私たちは自然に呼吸が深くなり、心身ともにリラックスできるのです。

ご相談・お打ち合わせ等お気軽にどうぞ0120-340-348受付時間 8:30-19:00 [ 第3土・日・祝日除く ]

メールでのお問い合わせはこちら